星川とブラックテトラ

今年は、パリーグ出身のアスリートを応援するという振る舞い。それを中心に見ようとね。
規則、パリーグっていうのは、個を重視した見かけでね。ここで健闘したアスリートというのが、昨今のまん中野球には明け暮れるのでしょうしね。
そういうのが、今ヤクルトに来て、コンビプレイよりも個を重視してもらえる。そうして、認識ですよね。マニアとかも成約注視というよりも、ではある程度の余裕をもっていただける良い意味でも悪賢い意味でも緩さ。そうして、アットホームな雰囲気で、他のグループから来たアスリートも温かく見守ってくれる。受け入れて得る認識がね。とあるのよね。
それは良いことなのかな?というね。
そういうことですが、少々3レベルは2.5試合隔たりなんでね。今シーズンはまったく終わっていない。熱い夏場がこれからやってくる。依然としてストーブが必要な夏場、秋にはしたくないですね。
ただ、ディレクターは来季変えてほしいのは思っている振る舞い。けれども、こなせることはやるは想うね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です